ターボ冷凍機

磁気軸受高効率インバータ制御ターボ冷凍機

最新技術の搭載で環境負荷とライフサイクルコストの低減に貢献する磁気軸受高効率インバータ制御ターボ冷凍機「HZシリーズ」

879~3,516kW
(250~1,000USRT)
[低GWP冷媒 HFO-1233zd(E)採用]

最新技術の搭載で環境負荷とライフサイクルコストの低減に貢献する磁気軸受高効率インバータ制御ターボ冷凍機「HZシリーズ」

879~3,516kW
(250~1,000USRT)
[低GWP冷媒 HFO-1233zd(E)採用]

ターボ冷凍機最先端技術の結集

最新技術を搭載した日立新型ターボ冷凍機 HZシリーズは、ノンフロン×オイルフリー×超高効率を実現した究極の磁気軸受VSD(インバータ)制御ターボ冷凍機です。

磁気軸受によるオイルフリー設計

従来の油潤滑方式から可動部品点数を大幅に削減し、抜群の信頼性を実現しました。圧縮機損失の低減に伴うCOP向上とともに、お客様のメンテナンス負荷を低減します。

オイルフリー設計によるメリット

  • 保守管理の低減
    オイルフリー化により、オーバーホールによる機械的な駆動部品の交換および従来のオイルに起因するメンテナンスが不要
  • 熱交換器の効率アップ
    オイルフリーのため、冷媒系統内への油混入が無く、熱交換器の効率がアップ
  • 安心設計
    磁気軸受コントローラによるシャフト位置管理で安全性を確保
  • 停電時対策
    万一の停電でも無停電電源装置(UPS)により、回転が停止するまでベアリングに電力を供給し、シャフトを安全ん着地させます。
  • 低振動・低騒音
    磁気の力で浮遊するため、シャフトが非接触で低振動・低騒音(約73dB(A)※)

    ※機側1m・高さ1.5mんて定格運転時(保冷無し状態)での代表機種(HZ-250M)の場合

部分不可及びIPLV特性

新冷媒の特性に合わせた最適なコンセプトに基づき、新たに設計された圧縮機・熱交換器を搭載。全機種において定格COP6.0以上、かつ業界トップクラスのIPLVを達成。また、インバータによる可変速制御およびディフューザ幅制御により、大幅に向上した部分不可最高COP31.5を達成。

容量制御下限10%標準対応

容量制御範囲100〜10%運転に標準対応。運転範囲を拡大し、より広範囲の負荷で運転出来ます。また、オプションにて100〜約0%の超低負荷にも対応が可能。

豊富な表示・多機能の制御盤

豊富な設定値、読出機能、警報、トレンドデータを提供。各種データは監視や予兆診断に通信(オプション)が可能です。

 

機上設置VSD(インバータ)盤

ターボ冷凍機への機上設置により、現地据付スペースを節約、据付工事の簡素化が図れます。

Specifications

仕様

Support

Catalogs & Tools

カタログ等の製品関連資料をダウンロード頂けます

How can we help you?

製品についての疑問・ご質問にお答えします

Created with Sketch.

本サイトはより良い閲覧環境を実現するため、クッキーを使用しております。当社のプライバシーポリシーに記載されている通り、本サイト内を閲覧、または「承認」をクリックすることで、お客様はこのデバイス上でのクッキーの使用に同意することになります。