吸収式冷凍機

高効率吸収冷温水機

定格点COP1.50の高効率EXシリーズ
422〜3,516kW (120〜1,000USRT)

定格点COP1.50の高効率EXシリーズ
422〜3,516kW (120〜1,000USRT)

高効率EXシリーズの特長

従来に比べ約34%の高効率化を実現*2
空調エネルギーコスト削減や省エネルギー化のニーズに最適。
年間運転時間が長いお客さまほど、
運転費の節約効果が大きくなります。
*1 EXA型(ガス焚[LHV基準]、冷水15℃~7℃仕様

従来機に比べ約34%の高効率化を実現*2

高効率化とコンパクト化を実現
高効率化 - 二段蒸発吸収サイクル

二段蒸発吸収サイクルの採用により高効率化を達成しました。蒸発吸収サイクルを上下に2分割し、下段側の蒸発吸収サイクルを、冷水温度15~11℃、冷却水温度32~34.5℃とすることで、軽負荷時と同様に溶液濃度を薄くすることができます。これによって再生器と吸収器の濃度差が大きくとれ溶液の循環量を少なくすることができます。
このように、循環量を減らすことで冷却水に奪われる放熱ロスや高温再生器で加熱する熱を減少させサイクルの高効率化を達成しました。

小型化 - 小口径伝熱管と管群配列
小口径伝熱管の採用と管群配列の最適化により、蒸発器・吸収器・凝縮器・低温再生器と性能向上を達成しました。

高効率化 - 熱回収器

低温再生器ドレン熱回収器により内部サイクルの熱ロスを回収し、高効率を図りました。

高効率化 - 高性能熱交換器
溶液熱交換器に高効率・小型化が容易な溶接タイプのプレート熱交換器を採用し、直列につなげることで少ない溶液循環量でも最適な流速を確保し高効率化と小型化を両立しました。

1/3

Specifications

仕様

Support

Catalogs & Tools

カタログ等の製品関連資料をダウンロード頂けます

How can we help you?

製品についての疑問・ご質問にお答えします

Created with Sketch.

本サイトはより良い閲覧環境を実現するため、クッキーを使用しております。当社のプライバシーポリシーに記載されている通り、本サイト内を閲覧、または「承認」をクリックすることで、お客様はこのデバイス上でのクッキーの使用に同意することになります。